パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

スハグラ100mg

ほしいものリストに商品を追加してみよう!

ほしいものリストに商品を追加すると、限定割引クーポンをメールにてお送りさせていただくことがあります。是非追加ください。

本日 3123人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 30pt〜

この商品だけの特別なキャンペーンご購入の方には正しく安全にご利用いただくための電子書籍「ご利用ガイド」を無料配布!決済完了後、こちらからダウンロードが可能です。

スハグラは、有効成分クエン酸シルデナフィルを含有し、経口服用することによって海綿体平滑筋の緊張を緩和、陰茎海綿体の動脈の血流を促進するED改善薬バイアグラのジェネリック品で、性行為の30分~1時間ほど前の服用で、平均して4時間程度のED改善が期待できます。

有用成分 シルデナフィルクエン酸塩 (Sildenafil Citrate) 100mg
内容量 4錠/箱
剤形  タブレット
発送国 シンガポール
使用期限 2023-10-30
ブランド Cipla (シプラ)
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
20箱
¥552
(82%お得)
(138円/錠)
¥11,040
購入数 一箱あたり
販売価格
10箱 ¥734
(76%お得)
(183.5円/錠)
¥7,340
7箱 ¥828
(73%お得)
(207円/錠)
¥5,796
5箱 ¥984
(68%お得)
(246円/錠)
¥4,920
3箱 ¥1,349
(56%お得)
(337.3円/錠)
¥4,047
¥3,078
(769.5円/錠)
¥3,078

ユニドラをSNSでシェア!

スハグラ100mgとは?

スハグラ100mgは有効成分シルデナフィル100mgを含有する有名なED(勃起不全)治療薬です。
インドの大手製薬会社シプラ社から販売されている本剤は、世界中で最も有名で最も使用されている「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。
先発品であるバイアグラと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

ED(Erectile Dysfunction)とは「男性の勃起不全・勃起障害」のことで、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。
通常では性的刺激を受けると様々な信号によって陰茎海綿体の血管が拡張して平滑筋が弛緩することで勃起状態に至ります。
EDはこの陰茎の血管が十分に拡張せずに血流が増えない状態なのです。

スハグラは薬学的にはPDE-5(ホスホジエステラーゼ)阻害薬に分類されます。
PDE-5とは血管収縮作用を持つ酵素であり、性的興奮が収まった時に陰茎部位の血管に放出されたPDE-5によって血管が収縮して勃起が収束します。
つまり、PDE-5は勃起を終わらせる役割を担っているのです。
スハグラはこのPDE-5を阻害して血管拡張を促し、陰茎への血流を増加させることで勃起状態を導きます。

スハグラに性欲を増進させる作用はありませんが、性行為前に服用することで勃起機能を一時的に改善させ、性的興奮が起きた時に自然な流れで勃起状態を引き起こすことができます。
国内外で臨床試験が多く行われていますが、約70~90%のEDの方に症状の改善が見られたというデータがあります。


日本国内での購入

有効成分シルデナフィルは日本でも有名な薬であり、医師の診察のもと処方してもらうことが可能です。
ただし、自由診療のため保険適用外の全額自己負担であり、病院によって価格設定にかなりの差があるので注意が必要です。

先発品バイアグラの価格相場は50mg1錠でおよそ1,500円~2,000円です。
尚、ジェネリック医薬品の場合は50mg1錠でおよそ1,000円です。
国内に100mg製剤はありません。

バイアグラ50mgのジェネリック医薬品を8錠(100mg4錠相当)処方してもらう場合を仮定すると、薬代は8,000円強になります。
これに診察料・処方料・調剤料などの受診費用を合わせると総額は12,000円~それ以上かかることが想定されます。


用法と用量

  • スハグラを通常成人男性は1回25~50mgを性行為の約1時間前に服用します。
  • 本剤は100mg製剤ですが、日本人にとっては高用量なので半錠~4分の1錠(ピルカッターなどで簡単に割れます。)から開始することを推奨します。
  • 1日1回のみの服用で、次に服用するまでは24時間以上間隔を空けてください。
  • 効果発現までには個人差がありますが、早い方では服用後15~30分程で効果が現れ、約4~6時間ほど持続します。
  • 食事の影響を受けやすく食後に服用すると効果が減弱してしまうので、空腹時に服用してください。
  • 服用後も800kcal以上の高カロリー食や過度の飲酒は効果が弱まる恐れがあるため控えることをお勧めします。

副作用

  • スハグラの副作用は偏頭痛、ほてり、顔の紅潮、鼻づまり、動悸、消化不良、筋肉痛のような身体の痛みなどの症状が報告されています。
  • 上記の症状は比較的起こりやすいですが軽度である場合が多く、さほど心配いりません。
  • 万が一症状が重い場合や24時間以上経過しても改善しない場合はすぐ受診してください。
  • 滅多には起こりませんが、重大な副作用として心血管系の異常、一時的な視覚障害、勃起機能喪失、陰茎損傷などが挙げられるので念のため注意してください。

使用禁忌・併用禁忌

  • 心血管系障害、肝障害、腎障害、高血圧、低血圧、高齢者の方はスハグラの服用に慎重な注意が必要です。
  • 症状によっては服用できないこともあり得るため必ず医師に相談してください。
  • 網膜色素変性症、女性の方はスハグラを服用できません。また、未成年男性は原則禁忌となります。
  • 狭心症や心筋梗塞などの心血管系の疾患の治療で多く使用される「ニトログリセリン製剤(硝酸剤)」には血管拡張作用がありますが、スハグラにも同様の作用があります。
  • 併用すると過度の血圧降下で生命に関わる恐れもあるため、併用できません。
  • 不整脈治療薬の塩酸アミオダロン、狭心症治療薬の硝酸イソソルビドやニコランジル、肺高血圧治療薬のリオシグアトもスハグラと併用できません。
  • その他にも禁忌ではないものの飲み合わせに注意が必要な薬が多数あるので、何らかの疾患で薬を服用している方はスハグラの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

保管方法

直射日光を避け、高温多湿でない室温(1~30℃)で保管してください。
子供やペットの手の届かない場所に保管してください。



原稿作成:薬剤師 浅田マキ

0件のカスタマーレビュー

click!!