パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

ヒドロキシクロロキン200mg

本日 22922人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 69pt〜

自己免疫疾患であるエリテマトーデスの治療薬ですが、現在は新型コロナウイルス感染症の治療薬候補としても話題の薬です。先発医薬品名は「プラケニル」です。

有用成分 1錠中にヒドロキシクロロキン硫酸塩(Hydroxychloroquine Sulfate)として200mg含有
内容量 100錠/箱
剤形  フィルムコーティング錠
発送国 シンガポール
使用期限 2022-09-30
ブランド Torrent Pharmaceuticals (トレント・ファーマ )
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
1箱
¥6,993
(69.9円/錠)
¥6,993
購入数 一箱あたり
販売価格
5箱 ¥3,936
(43%お得)
(39.4円/錠)
¥19,680
3箱 ¥4,491
(35%お得)
(44.9円/錠)
¥13,473
¥5,319
(23%お得)
(53.2円/錠)
¥10,638

ユニドラをSNSでシェア!

ヒドロキシクロロキン200mgとは?

ヒドロキシクロロキン200mgは、エリテマトーデス治療薬です。

日本でも処方せん医薬品として販売されているエリテマトーデス治療薬「プラケニル」の海外ジェネリック医薬品です。
プラケニルと同一成分・同含有量であるため同等の効果を発揮しますが、安価に設定されております。

免疫調整作用や抗炎症作用を有するヒドロキシクロロキンは、主に皮膚エリテマトーデスおよび全身性エリテマトーデスの治療薬として用いられますが、海外では関節リウマチやマラリアの治療にも用いられます。

更に2020年9月現在では、ヒドロキシクロロキンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補として世界各国で試験的に用いられております。
ただし、有効性や安全性は残念ながらまだ確立されておりません。

現時点では副作用発症リスクのほうが優位というデータが多くなりつつあります。

新型コロナウイルス感染症の治療・予防目的での服用を希望する方は、必ず医師に相談の上でメリットデメリットをふまえ検討してください。

ヒドロキシクロロキン200mgの有用成分

有効成分はヒドロキシクロロキン硫酸塩200mgです。
ヒドロキシクロロキンの作用機序はまだ解明されておりませんが、免疫調整作用、抗炎症作用、抗マラリア作用などの多く作用を有することによるものだと考えられております。

皮膚エリテマトーデスおよび全身性エリテマトーデスは、自己免疫疾患である膠原病の1種です。 皮膚症状をはじめ、全身の様々な部位や内臓に炎症による症状が発現します。
ヒドロキシクロロキンは皮膚エリテマトーデスの発赤などの皮膚症状を改善したり、全身性エリテマトーデスによる筋肉痛、関節痛、倦怠感などの症状を和らげます。

注意点は、高用量・長期間での服用により目の網膜障害が現れる恐れがあるということです。

用法と用量

  • 有効成分ヒドロキシクロロキン硫酸塩として200mg(1錠)あるいは400mg(2錠)を1日1回食後に服用します。
  • ただし、1日服用量は以下の計算で身長から算出される理想体重に基づく用量になります。

女性患者の理想体重(kg)=(身長(cm)-100)×0.85
男性患者の理想体重(kg)=(身長(cm)-100)×0.9

  • 理想体重が31kg以上46kg未満の場合、1日1回200mgを服用します。
  • 理想体重が46kg以上62kg未満の場合、1日1回200mgと1日1回400mgを1日おきに服用します。
  • 理想体重が62kg以上の場合、1日1回400mgを服用します。

日本のクリニックなどで手に入れる場合

国内の医療機関でも先発医薬品であるプラケニル錠200mgを処方してもらうことができます。

初診料や検査料などの受診費用で3,500~4,500円、薬代が42,400円(プラケニル200mg1錠424円×100錠)で総額はおよそ45,900~46,900円です。
エリテマトーデスの治療であれば、保険適用により自己負担3割で合計13,700~14,070円になります。

また、別途検査料などが加算されます。

副作用

  • 注意しなければならない副作用は目の網膜障害です。視力低下、霧視、色覚異常、視野暗点などの視覚異常が現れたら、服用を中止して直ちに医師の診察を受けてください。
  • また、その他副作用として下痢、吐き気、腹痛、頭痛、発疹、重大な副作用として皮膚・粘膜障害、骨髄抑制、ミオパチー(筋肉障害)、低血糖症などが報告されております。
  • プラケニル服用後に気になる症状が現れたら、すぐに医師の診察を受けてください。
  • めまい・視覚異常・低血糖症状などが現れる恐れがあるので、車の運転や危険を伴う作業の際は十分注意してください。

使用禁忌・併用禁忌

  • ヒドロキシクロロキン200mgの成分に対してアレルギーや重い副作用が現れたことのある方、SLEによるもの以外の網膜症や黄斑症・またはこれらの疾患にかかったことがある方、6歳未満の幼児の方はヒドロキシクロロキンを服用できません。
  • 妊娠中の方の服用に関しては、有益性が危険性を上回る場合のみ服用可能です。
  • 授乳中の方は、母乳に薬が移行するためヒドロキシクロロキン服用中の授乳を避けてください。
  • 妊娠中・授乳中における安全性は確立されておりません。

その他何らかの持病がある方、肝障害、腎障害、小児、高齢者の方は必ず事前に医師に相談してください。

併用禁忌薬はありませんが、強心薬のジゴキシン、糖尿病治療薬、抗てんかん薬、免疫抑制薬など飲み合わせに注意が必要な薬剤があります。
他に服用している医薬品やサプリメントがある方は、必ず事前に医師や薬剤師に飲み合わせについて確認してください。

保管方法

  • 直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~25℃)で保管してください。
  • 子供やペットの手の届かない場所に保管してください。

執筆:薬剤師 浅田マキ


参考サイト
http://www.torrentpharma.com/
https://www.practo.com/medicine-info/hqtor-200-mg-tablet-35444

カスタマーレビュー

13 レビュー | 評価 4.8 / 5
星5つ 84.62%
星4つ 15.38%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

96% のお客様が
この商品をオススメしています

13件のカスタマーレビュー

click!!