パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

フィンペシア1mg100錠 (キノリンイエローフリー)

ほしいものリストに商品を追加してみよう!

ほしいものリストに商品を追加すると、限定割引クーポンをメールにてお送りさせていただくことがあります。是非追加ください。

本日 16437人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 39pt〜

入荷待ち

フィンペシア1mgは、MSD株式会社が製造販売しているプロペシアのジェネリックです。 こちらの商品はCipla (シプラ)社によって製造されており、キノリンを使用していない改良版タイプです。 安全性が高く、体内のホルモンを調節することで発毛効果をあらわし、自然な発毛が期待できます。

有用成分 1錠にフィナステリド(Finasteride)として1mg含有
内容量 100錠/箱
剤形  フィルムコーティング錠
発送国 シンガポール
使用期限 2000-01-01
ブランド Cipla (シプラ)
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
7箱
¥1,752
(41%お得)
(17.5円/錠)
¥12,264
購入数 一箱あたり
販売価格
10箱 ¥1,521
(49%お得)
(15.2円/錠)
¥15,210
5箱 ¥2,077
(30%お得)
(20.8円/錠)
¥10,385
3箱 ¥2,513
(16%お得)
(25.1円/錠)
¥7,539
2箱 ¥2,826
(5%お得)
(28.3円/錠)
¥5,652
¥3,950
(39.5円/錠)
¥3,950

ユニドラをSNSでシェア!

フィンペシア1mg100錠 (キノリンイエローフリー)とは?

フィンペシア1mgは、世界中で使用されている有名な脱毛症治療薬であるプロペシアのジェネリックです。 有効成分としてフィナステリドを1mg含有しています。

フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬といわれる医薬品です。 男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)といわれています。 5α-還元酵素という酵素は、男性ホルモンのテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHTに変換します。このDHTが作用し、脱毛を引き起こします。

5α-還元酵素には2つのタイプがあり、Ⅰ型とⅡ型があります。 Ⅰ型の5α-還元酵素は皮脂腺などに多く存在し、Ⅰ型により変換されたDHTは皮脂の分泌を増やします。 男性ホルモンが多い方の皮膚が脂っぽいのはこれが原因です。

Ⅱ型の5α-還元酵素は頭頂部に多く存在し、発毛に関係しています。 このⅡ型の5α-還元酵素によりテストステロンがDHTに変換され、発毛のサイクルが阻害され抜け毛が起こります。

有効成分フィナステリドは、5α-還元酵素Ⅱ型に作用し、DHTに変換されるのを阻害します。 フィナステリドは体内で5α-還元酵素Ⅱ型にしか作用しないので、他のホルモン等に影響を与えず安全性が非常に高いです。
そのため長期間服用することが可能で、長年愛用している方が多くいます。

3ヵ月程度の服用で発毛効果が出てくる方もいますが、通常は発毛効果が実感できるようになるまでには6ヵ月程度かかります。 効果も強く、長く服用を続けることで90%以上の方で抜け毛の進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められ、はっきりわかるほどの発毛効果が実感できます。

注意点として、効果を持続させるためには継続的に服用する必要があります。 フィナステリドの服用をやめてしまうと、1年程度で増加していた毛髪が服用を開始する前の状態に戻ることが確認されているため、効果を持続させるためには必ず継続してフィナステリドを服用するようにしてください。

また、フィナステリドは男性に対する脱毛症にのみ発毛効果があるため、女性が服用することは想定されていません。 安全のため、女性の方はフィナステリドを服用しないでください。


日本国内での購入

日本でもフィンペシア1mgと同じ有効成分を含有するプロペシアという医薬品を処方してもらうことができます。 男性型脱毛症などの治療は、日本では保険が適用されず全額自己負担になります。
そのため、日本で脱毛症治療薬を購入すると非常にコストがかかってしまいます。

日本の病院からフィンペシア1mg1箱100錠分と同じプロペシア1mgを100錠処方してもらうのにかかるコストは、

初診料・検査料 1500~3000円
プロペシア錠1mgの価格 1錠200~300円×100錠=20,000~30,000円
合計21,500円~33,000円もかかってしまいます。

安価に大量に脱毛症治療薬の購入を希望するのであれば、個人輸入を利用するのがお勧めです。


用法と用量

通常、男性成人には、1日1回フィナステリドとして0.2mg(1/5錠)を服用してください。 適宜増減可能で、最大1mg(1錠)まで増量して服用可能です。

海外では、フィナステリドは前立腺肥大症の治療でも使用されています。 海外で承認されている前立腺肥大症の用法は、1日1回フィナステリドとして5mg(5錠)服用します。 この用法で男性型脱毛症の治療として服用している方もいるようです。

3ヵ月程度の服用で発毛効果が出てくる方もいますが、発毛効果が出てくるのに通常であれば6ヵ月程度かかります。 根気よく服用を継続して、症状を観察してください。

食事の影響は受けないので、1日1回好きな時間帯に服用してください。 もし服用を忘れた場合は、その時に服用してください。 次の服用タイミングが近ければ、1回分をとばして次回分から服用してください。

ピルカッターなどで必要なサイズにカットして服用することも可能ですが、カットした錠剤切断面のフィナステリドに触れてしまうと、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。

フィンペシア1mgは、通常であれば錠剤をフィルムでコーティングしてあるので女性が触っても問題ありませんが、カットした錠剤は有効成分フィナステリドがむき出しになっているので注意してください。


副作用

フィンペシア1mgの有効成分フィナステリドは、安全性が高いためほとんど方は副作用を起こすことなく服用することができます。

軽度の副作用に、性欲減退、勃起機能不全が服用した方の0.2%で起こったと報告されています。
重大な副作用では、起こることは稀ですが肝機能障害が起こることが報告されています。

フィンペシア1mgを服用して、黄疸や身体のだるさなどが起こるようでしたら肝機能障害の疑いがあるので速やかに病院を受診し、医師に相談して下さい。


使用禁忌・併用禁忌

以下のような方は、フィンペシア1mgを服用することができません。

  • 有効成分フィナステリドに対して過去に過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある方。(服用することで再度過敏症を起こすおそれがあります)
  • 妊婦または妊娠している可能性のある婦人および授乳中の婦人の方。(胎児に対して雄性胎児外部生殖器の雌性化が起こったと報告されているため安全性が確立していません)
  • 継続している薬・サプリメント・健康食品がある方で、フィンペシア1mgを服用可能か不安な方は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

保管方法

  • フィンペシア1mgは、高温・多湿を避け、室温(1~30℃)で保管するようにしてください。
  • 直射日光を避け、光の当たらない容器や場所で保管してください。
  • 安全のため、子供の手の届かない場所に保管してください。
  • 分割した錠剤も同様の条件で保管が可能ですが、フィンペシア1mgの変性を予防するために、できるだけ早めに服用してください。


原稿作成:薬剤師 白鳥勇磨

カスタマーレビュー

28 レビュー | 評価 4.7 / 5
星5つ 71.43%
星4つ 25.00%
星3つ 3.57%
星2つ 0%
星1つ 0%

94% のお客様が
この商品をオススメしています

28件のカスタマーレビュー

click!!