パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

カルデュラ4mg

ほしいものリストに商品を追加してみよう!

ほしいものリストに商品を追加すると、限定割引クーポンをメールにてお送りさせていただくことがあります。是非追加ください。

本日 1771人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 29pt〜

カルデュラ4mgは、世界的な製薬企業Pfizer(ファイザー)社によって製造・販売されている高血圧症治療薬です。日本でも販売されており、多くの高血圧に悩む患者に服用されています。高血圧による命にかかわる病気の発症を抑制することができるので、健康寿命を大幅に延長してくれます。

有用成分 1錠中にドキサゾシン(Doxazosin)として4mg含有
内容量 20錠/箱
剤形  タブレット剤
発送国 シンガポール
使用期限 2022-02-28
ブランド Pfizer (ファイザー)
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
5箱
¥1,139
(61%お得)
(57円/錠)
¥5,695
購入数 一箱あたり
販売価格
3箱 ¥1,511
(49%お得)
(75.6円/錠)
¥4,533
2箱 ¥1,927
(35%お得)
(96.4円/錠)
¥3,854
¥2,981
(149.1円/錠)
¥2,981

ユニドラをSNSでシェア!

カルデュラ4mgとは?

カルデュラ4mgは、高くなりすぎてしまった血圧を下げることができるお薬です。
1日1回服用することで、強力に血圧を低下させることができます。
カルデュラ4mgは、世界的な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

ファイザー社は、アメリカのニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。
2013年の世界医薬品売上高では、なんと1位を獲得しています。
世界中に医薬品の製造拠点を持ち、全世界に高品質な医薬品を供給しています。
カルデュラ4mgも、そんなファイザーによって開発されたお薬で、優れた効果を持っています。

カルデュラ4mgは1987年デンマークで承認されて以来、イギリス、アメリカ等120ヵ国以上の国や地域で使用されています。
日本でも1983年には臨床試験が開始され、1990年には「高血圧症及び褐色細胞腫による高血圧症」を効能・効果として承認され販売が開始され、現在でも多くの高血圧に悩む患者に処方されています。

日本では「カルデナリン錠4mg」という商品名で、多くの医療機関から高血圧に悩む患者のために処方されています。
カルデュラ4mgの欧米と日本における承認効能・効果の違いとしては、日本では承認されていませんが「前立腺肥大症にともなう排尿障害」が承認されています。

1日1回有効成分ドキサゾシンとして4~8mg服用することで、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療で使用されています。
日本ではカルデュラ4mgは主に高血圧症の治療に使用されています。
服用することで過剰に上昇した血圧を下げることができ、腎不全や脳梗塞等の命にかかわる病気の発症を予防する効果が期待できます。
高血圧による命にかかわる病気の発症を抑制することができるので、健康寿命を大幅に延長してくれます。

注意点として、勃起不全(ED)に悩んでいる男性が服用するバイアグラやレビトラ、シアリス錠等と併用すると効果が強すぎて低血圧症状の副作用を起こすおそれがあるということです。
バイアグラやレビトラ、シアリスの有効成分はそれぞれシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルといい、ホスホジエステラーゼ5阻害薬といわれるお薬です。
血管を拡張して陰茎に大量に血液を集中させ勃起を促す働きがあり、この効果とカルデュラ4mgの効果が重なることで過度に血圧を下げてしまうおそれがあるので、併用する際は注意するようにいわれています。

日本国内での購入

日本でも、病院からカルデュラ4mgを処方してもらうことができます。

カルデュラ4mgは日本ではカルデナリン錠4mgという商品名で承認されているので、日本の病院から1箱20錠分のカルデナリン錠4mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
カルデナリン錠4mgの価格:1錠87.8円×20錠=約1,760円
合計約5,260~6,260円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,580~1,880円かかります。

用法と用量

  • 通常、成人にはドキサゾシンとして1日1回0.5mgより服用を始め、効果が不十分な場合は1~2週間の間隔をおいて1~4mgに漸増し、1日1回服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、1日最高服用量は8mgまでとします。
  • 褐色細胞腫による高血圧症に対しては1日最高服用量を16mgまでにできます。

副作用

有効成分ドキサゾシンは、日本での開発および承認後6年間の調査において、10,391例中508例(4.89%)に副作用又は臨床検査値異常が認められました。

  • 副作用の主なものは、めまい・ふらふら感(0.74%)、起立性めまい(0.51%)、頭痛・頭重(0.35%)、動悸・心悸亢進(0.30%)等でした。
  • 重大な副作用には、失神・意識喪失、不整脈、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、肝炎、肝機能障害、黄疸等が起こることが報告されています。

これらの副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、服用中止等の適切な処置を行うようにしてください。

使用禁忌・併用禁忌

<禁忌>(次の患者は服用しないこと)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

<慎重投与>(次の患者は慎重に服用すること)

  • ED治療薬のようなホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤を服用している患者。
  • 肝機能障害のある患者。

<併用注意>

  • 利尿剤又は降圧剤
    相互に作用を増強するおそれがあるので、減量するなど注意してください。
  • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(バルデナフィル、タダラフィル、シルデナフィル)
    併用によりめまい等の自覚症状を伴う症候性低血圧来したとの報告があります。

保管方法

  • カルデュラ4mgは、高温・多湿を避けて室温(1~30℃)で保管するようにしてください。
  • 安全のため、子供の手の届かない場所に保管してください。

原稿作成:薬剤師 白鳥勇磨


参考サイト
https://pfizerpro.jp/cs/sv/pfizerpro/di/Page/1259675500449/1259672448140
https://dailymed.nlm.nih.gov/dailymed/drugInfo.cfm?setid=eefc47bc-c10f-49bb-8ef7-5999f798ab39

0件のカスタマーレビュー

click!!