パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アルベンダゾール200mg

ほしいものリストに商品を追加してみよう!

ほしいものリストに商品を追加すると、限定割引クーポンをメールにてお送りさせていただくことがあります。是非追加ください。

本日 1370人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 34pt〜

アルベンダゾール200mgはエキノコックス症(包虫症)の治療に用いるお薬です。有効成分として最近抗がん作用があると報告されているアルベンダゾールを配合しており、それを目的にも服用されています。

有用成分 アルベンダゾール (Albendazole) 200mg
内容量 40錠/箱
剤形  錠剤
発送国 シンガポール
使用期限 2022-07-31
ブランド Biofarma(バイオファーマ)
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
5箱
¥1,780
(48%お得)
(44.5円/錠)
¥8,900
購入数 一箱あたり
販売価格
7箱 ¥1,639
(52%お得)
(41円/錠)
¥11,473
3箱 ¥2,073
(39%お得)
(51.8円/錠)
¥6,219
¥3,446
(86.2円/錠)
¥3,446

ユニドラをSNSでシェア!

アルベンダゾール200mgとは?

アルベンダゾール200mgはエキノコックス症(包虫症)の治療に用いるお薬です。
日本でも承認・販売されているエスカゾール錠200mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

エキノコックス症(包虫症)は、おもに北海道でみられる病気です。
エキノコックスは寄生虫の1つであり、この成虫(包条虫)はおもにキツネに寄生し、キツネの糞便に卵を植え付けます。
エキノコックスはキツネの糞に汚染された飲食物、たとえば山菜や沢水を口にしてしまうことによってヒトに感染することがあります。
口から入ったエキノコックスの卵は、腸で幼虫(包虫)となり、肝臓で増殖を続けます(ヒトのなかでは成虫にならず、幼虫のまま増え続けます)。
そして、数年から10数年後に重い肝障害を引き起こしてしまいます。

このお薬は、そのようなエキノコックス症の治療に有効です。服用することで包虫の体内代謝を阻害して、包虫の増殖を抑えることができます。
また、このお薬は悪性腫瘍(癌:ガン)の治療のためにも効果があるのではないかと、癌に悩んでいる方にも使用されています。
有効成分として最近抗がん作用があると報告されているアルベンダゾールが配合されており、その抗がん作用を目的に多くの方に服用されています。

日本国内での購入

日本では先発品であるエスカゾール錠200mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、エスカゾール錠200mgを40錠処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料
3,500~4,500円
エスカゾール錠200mgの価格
1錠380.8円×40錠=約15,240円

合計18,740~19,740円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約5,630~5,930円かかります。

用法と用量

  • 通常、成人にはアルベンダゾールとして1日600mgを3回に分割し、食事と共に服用する。
  • 投与は28日間連続投与し、14日間の休薬期間を設ける。なお、年齢・症状により適宜増減する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
吸収に及ぼす食事の影響を検討した試験において、患者(外国人)で特に脂肪を含む食事と共に本剤を投与すると空腹時の約5倍高い値を示したことから、効果を高めるためにも食事と共に服用するようにしてください。

副作用

<主な副作用>
肝機能値の異常、吐き気や腹痛、めまいや頭痛などです。
重い血液障害や肝機能障害の発現例などの副作用も報告されています。
発熱やのどの痛み、皮膚や白目が黄色、強い倦怠感、貧血症状などがみられたら医師や薬剤師に相談するようにしてください。

<重い副作用と症状>

  • 重い血液成分の異常
    発熱、喉の痛み、口内炎、怠い、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。
  • 肝臓の重い症状
    怠い、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、痒み、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 重い皮膚・粘膜障害
    発疹、発赤、水ぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、痒み、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身倦怠感。

<その他の副作用>

  • 肝機能値の異常、貧血
  • 吐き気、吐く、腹痛
  • めまい、頭痛
  • 痒み、脱毛、発疹、発熱

使用禁忌・併用禁忌

<禁忌>(次の患者には投与しないこと)

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

<併用注意>(併用に注意すること)

  • プラジカンテル
    プラジカンテルとの併用により、アルベンダゾール活性代謝物の血中濃度が上昇することが報告されている。
  • リトナビル、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール
    これらの薬剤との併用により、アルベンダゾール活性代謝物の血中濃度が減少し、本剤の効果が減弱する可能性がある。

保管方法

  • 室温保存

執筆:薬剤師 白鳥勇磨

0件のカスタマーレビュー

click!!