パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アルファガン点眼液

ほしいものリストに商品を追加してみよう!

ほしいものリストに商品を追加すると、限定割引クーポンをメールにてお送りさせていただくことがあります。是非追加ください。

本日 1879人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 33pt〜

アルファガン点眼液は、失明の原因の上位を占める疾患である緑内障の治療薬です。 アドレナリンα2受容体作動薬として日本初の緑内障・高眼圧治療薬として販売されており、使用することで強力に眼圧を低下させます。

有用成分 Brimonidine Tartrate(酒石酸ブリモニジン)0.15%
内容量 5ml(Eyedrop)
剤形  液剤
発送国 シンガポール
使用期限 2023-01-31
ブランド Allergan (アラガン)
ユニドラならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
購入数 一箱あたり
販売価格
一番人気
3箱
¥1,789
(46%お得)
¥5,367
購入数 一箱あたり
販売価格
2箱 ¥2,175
(34%お得)
¥4,350
¥3,335 ¥3,335

ユニドラをSNSでシェア!

アルファガン点眼液とは?

アルファガン点眼液は、アメリカのアラガン社によって開発された緑内障・高眼圧症治療薬です。
日本でもアイファガン点眼液という名前で千寿製薬株式会社より製造・販売されています。
有効成分としてブリモニジン酒石酸塩を0.15%配合しています。

アルファガン点眼液は多くの国で承認されており、現在、0.1%製剤は15ヵ国、0.15%製剤は52ヵ国、0.2%製剤は48ヵ国で承認されています。日本で承認されているのは0.1%製剤のため、こちらのアルファガン点眼液は0.15%で眼圧を下げる作用が強力とされています。
アルファガン点眼液の有効成分ブリモニジン酒石酸塩は、アドレナリンα2受容体作動薬として日本初の緑内障・高眼圧治療薬です。使用することでアドレナリンα2受容体といわれる部位を選択的に刺激します。アドレナリンα2受容体が刺激されることで眼圧上昇の原因である房水の産生抑制および排出を促進し、強力に眼圧を低下させます。

緑内障は、視野欠損を伴う進行性の視神経障害を特徴とする疾患であり、適切に処置されなければ失明に至る重篤な視機能障害をもたらします。
日本国内では40歳以上の5.0%が緑内障を患っており、失明の原因の上位に常に位置しています。緑内障の治療は視機能を維持させることが目的ですが、現時点で緑内障に対する唯一確実な治療法は眼圧効果療法のみです。

日本の緑内障治療ガイドラインでは、まずは1つの点眼薬での治療が推奨されており、それで効果不十分なときには複数の薬剤で併用療法を行うこととされています。このような背景から、緑内障の治療薬として、より強力な眼圧低下作用を有する点眼薬が望まれています。 そのため、強力な眼圧低下作用を持つアルファガン点眼液は多くの方に愛用されているのです。


日本国内での購入

日本では、アルファガン点眼液と同じ成分のアイファガン点眼液を病院から処方してもらうことができます。

アルファガン点眼液1本5ml分と同じ量のアイファガン点眼液を日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、

病院での診察・処方料
3,500~4,500円

アイファガン点眼液の価格
1ml450.7円×5ml=約2,260円
合計約5,760~6,760円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,730~2,030円もかかります。

※あくまでも、治療法は医師が決めますので指示に従ってください。また、お薬の価格は薬局によって異なります。お薬をもらう前に、薬局にて値段を 聞いてみる方が安心です。


用法と用量

  • 日本で承認されている用法は、通常1回1滴、1日2回点眼します。
  • アメリカで承認されている用法は、約8時間の間隔をあけて1日3回、1滴を点眼します。
  • 点眼する際は、原則として仰向けの状態になり、点眼後は副作用防止のため1~5分間瞼を閉じて目頭を圧迫してください。
  • 点眼のとき、容器内の薬液が汚染されないように容器の先端が直接目に触れないように注意してください。
  • 他の点眼薬を併用する場合には、少なくとも5分間以上の間隔をあけて点眼するようにしてください。

副作用

アルファガン点眼液には、使用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用は、結膜炎(アレルギー性結膜炎も含む)、点状角膜炎、眼瞼炎(アレルギー性眼瞼炎を含む)、結膜充血、眼そう痒症、眼の異常感、接触性皮膚炎です。 副作用があらわれた場合には使用を中止するなど適切な処置をしてください。

また、アルファガン点眼液は鼻粘膜を経由して全身へ吸収されます。

そのため、アドレナリンα2受容体作動薬の全身投与と同じ副作用(眠気、めまい、徐脈、低血圧等)があらわれることがあるので注意してください。

眠気、めまい、霧視等を起こすことがあるので、アルファガン点眼液を使用中には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事する場合は注意してください。


使用禁忌・併用禁忌

アルファガン点眼液には、以下のような方は使用することができません。

  • アルファガン点眼液には、有効成分ブリモニジン酒石酸塩の他に、塩化マグネシウム、ホウ酸、ホウ砂、カルメロースナトリウム、亜塩素酸ナトリウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウム水和物、塩酸、水酸化ナトリウムが含まれています。
  • 過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある方は使用することができません。
  • 低出生体重児、新生児、乳児または2歳未満の幼児の方も使用することができないので注意してください。
  • 小児

下記の方、お薬を服用している方は服用前に医師または薬剤師に相談してください。

  • 授乳中の方
  • 妊娠または妊娠している可能性がある方
  • アドレナリンなどCOMTにより代謝されるお薬
  • 持病のある方や、継続している薬・サプリメント・健康食品がある方はアルファガン点眼液を使用可能か医師・薬剤師に相談するようにしてください。

保管方法

アルファガン点眼液は、高温・多湿を避けて室温(1~30℃)で保管するようにしてください。
安全のため、子供の手の届かない場所に保管してください。
使用期限内であっても、開栓後は衛生上速やかに使用するようにしてください。
目安は、開栓後1ヵ月以内。



原稿作成:薬剤師 白鳥勇磨

0件のカスタマーレビュー

click!!