arrow-v arrow-v notification-bell notification-bell pw-closed pw-closed pw-opened pw-opened

その症状「酒さ」かも?赤ら顔、ほてり、吹き出物の治療法を解説

#ニキビ #美容

シェアする

酒さ(しゅさ)と呼ばれる皮膚の病気を知っていますか?
皮膚の下の血管がはっきりと見えるようになり、顔のほてり、小さな吹き出物が現れるのが主な症状です。
症状を自覚していない人も多いこの病気。
肌荒れと思っていたものは、もしかしたら酒さかもしれません。

酒さの症状

酒さは顔と頭皮に生じる皮膚病です。
進行度合いは、次の4段階に分けられます。

  • 酒さ前駆期(1期):頬と鼻の皮膚が赤くなります。チクチクとした刺激を感じることがあります。
  • 血管期(2期):皮膚が赤く腫れたようになり、細い血管が表皮のすぐ下に見えます。
  • 炎症期(3期):吹き出物ができ、膿が出ることもあります。
  • 進行期(4期):鼻の周囲の皮膚が厚くなり、赤く団子鼻のように見えることがあります。

多くの場合、30~50歳の人が発症する病気です。若い年齢層での発症は、あまり多くありません。
もともと、肌の色が白い、アイルランド系や北欧系でよく見られる皮膚病とされていました。
しかし、実際は皮膚の色が濃い人種にも発症していて、おそらく症状に気付いていないだけと考えられます。
他の皮膚病と混同されることもあり、似た症状から「大人ニキビ」と勘違いすることもあります。

酒さとニキビの違い

酒さと判断する、特別な検査法はありません。
酒さは中高年に表れやすいため、症状が出たときの年齢が判断要素になります。

また、黒色面皰や白色面皰は酒さには現れないので、ニキビとの区別に役立ちます。

大人ニキビと混合してしまう方も多いですが、特徴として、酒さはまず頬や額を中心に、赤ら顔が長時間続きます。
敏感肌を伴うこともしばしばあります。
急に発疹が出来るのではなく、上記病状が続き、徐々にニキビに似た発疹が出てくることが特徴です。

酒さの原因

実は、酒さの原因は明確に分かっていません。
ただ、酒さを誘因するものとして、以下のものが分かっています。

  • 香辛料の聞いた食品
  • アルコール
  • 熱い飲み物
  • 日光
  • 日焼け止め
  • 精神的ストレス
  • 寒い気候・暑い気候
  • 運動
  • 化粧品
  • 熱い風呂

酒さの治療(外用クリーム)

酒さは原因がまだはっきりとわかっていないため、根本的な治療法も確立されていません。
そのため、病状をコントロールすることに重点が置かれています。
上にあげた、酒さの原因となるものを、まずは排除しましょう。

治療薬としては、次のような医薬品が使われています。

メトロニダゾール

メトロニダゾールは、抗生剤の1つで、古くから酒さの治療に使われています。
日本では「ロゼックス」という名前で処方され、炎症を抑えて、ポツポツとした湿疹を治します。

刺激感が少なく、敏感肌の方にも使いやすい医薬品です。

日本では保険適応外なので、全額自己負担となります。
クリニックによりますが、10gあたり2,000円程度で販売されるのが一般的です。

ユニドラでは、ロザジェルを販売しています。
1本30g入りで、まとめて購入すると1本あたりの価格が484円になります。

イベルメクチン

酒さは原因の一つに、ニキビダニの過剰増殖が考えられています。
ニキビダニと聞くと嫌な名前ですが、ほぼ100%の人が持っているダニです。
通常は肌を弱酸性に保ち、健康な皮膚を維持してくれる重要な生物ですが、増えすぎると炎症の原因となります。

このニキビダニを減らして、酒さを治療するのがイベルメクチンです。
メトロニダゾールと比べて、ポツポツとした湿疹に対してより効果が高く、使用から2週間ほどで改善が見られるなど、早く効果が現れる傾向があります。
イベルメクチンも、刺激感の少ない成分です。

こちらも日本では保険適応外なので、全額自己負担となります。
クリニックによりますが、30gあたり4,000円程度で販売されるのが一般的です。

ユニドラでは、イベルメクチンクリームを販売しています。
1本30g入りで、まとめて購入すると1本あたりの価格が1,053円になります。

アゼライン酸

アゼライン酸は、天然の穀物由来の成分です。
炎症を抑える作用があり、酒さだけでなく、ニキビ治療にも使われる成分で、海外では約30年前から使用されています。
天然成分のため、長期的に使用しても副作用が少なく、酒さやニキビ予防のために長く使うことが出来ます。
穀物にも含まれており、普段から食品としても摂取されています。
その安全性の高さから、妊娠中の方や授乳中の方にも使える成分です。

また、アゼライン酸はポツポツとした湿疹を抑えるだけでなく、色素沈着の改善にも効果があります。
美白目的で使うことも可能です。

こちらも日本では保険適応外ですが、ロート製薬が「AZAクリア」という名前で治療薬を販売しています。
15gで1,800円程度で販売されるのが一般的です。

ユニドラでは、アジダームクリームを販売しています。
1本15g入りで、まとめて購入すると1本あたりの価格が1,192円になります。

注意点として、一般的な湿疹・皮膚炎で用いられるステロイド系の外用薬は、一時的な効果があるものの、長期的には酒さを悪化させる傾向があります。特別な理由がない限り、ステロイドの使用には気を付けましょう。

酒さの治療(内服薬)

より重度で、膿疱が多く出来ていたり、眼型酒さが見られる方には、内服薬も投与されます。
眼型酒さというのは、涙目や血走った目(結膜の充血)、目がゴロゴロする、眩しさ、目のかすみ、まぶたや目の周りの紅斑などの症状です。
霰粒腫(マイボーム腺機能不全)や、麦粒腫(ものもらい)などのような、慢性的なブドウ球菌の感染が見られることもあります。

テトラサイクリン

テトラサイクリン系の抗生物質は、1950年代以降、酒さの膿疱に対して第一選択薬として用いられています。
テトラサイクリン誘導体として、テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ミノサイクリンがあります。

ユニドラでは、有効成分にミノサイクリンを含む医薬品として、ミノマイシン100mg96錠を取り扱っています。

また、同じく有効成分にミノサイクリンを含む医薬品として、ミノーズ(ミノマイシンジェネリック)を取り扱っています。

ミノサイクリンは、服用することで細菌内にミノサイクリンが取り込まれ、細菌のタンパク質合成を阻害する働きがあります。

マクロライド

テトラサイクリン系の抗生物質が効かない方は、マクロライド系抗生物質が有効な場合があります。
ユニドラでは、マクロライド系抗生物質として、有効成分エリスロマイシンを含んだ、エルトシン250mg(エリスロマイシン)を取り扱っています。

エリスロマイシンは、服用することで細菌のタンパク質合成を阻害する作用があります。

イソトレチノイン

イソトレチノインは、他の治療薬が有効でなかった場合に使用されることがあります。
ただし、乾燥などの副作用もある医薬品のため、使用には注意が必要です。
ユニドラでは、トレティヴァ20mg(アキュテインジェネリック)を取り扱っています。

イソトレチノインは、こちらの記事でも詳しく解説しています。

難治性ニキビを治す「イソトレチノイン」を解説

重度の酒さで、鼻の形が変形してしまっている場合は、薬で完全に改善させるのは難しくなります。過剰な組織を削り取る手術や、レーザー治療が必要になることもあります。

まとめ

酒さはまだ病状が広く知られておらず、大人ニキビや他の皮膚疾患とも混合されがちな病気です。
しかし、正しい処置を行えば改善する病気なので、症状を正しく理解し、対処しましょう。
まずは、酒さに悪いとされる習慣、環境を取り除き、その上で外用クリーム、内服薬の使用を検討しましょう。

INDEX 目次
その症状「酒さ」かも?赤ら顔、ほてり、吹き出物の治療法を解説

メルマガ登録


特別限定セール、無料商品プレゼントなど、お得なメルマガが届きます!
会員限定のおすすめ商品情報もここでゲット。


よりリアルタイムな情報はLINEで


ユニドラのLINE友達になると、限定クーポンの他、よりリアルタイムなセール情報が届きます。
知りたい医薬品情報は、LINEでもお問い合わせください。


友達登録はこちら