arrow-v arrow-v notification-bell notification-bell pw-closed pw-closed pw-opened pw-opened

美容の大敵「乾燥」は、プラセンタ+ヒルドイドで防ごう

#美容

シェアする

「保湿が大切」「乾燥肌が悩み」と言った声をよく聞きますが、どうして保湿がそんなに重要なのか、考えたことはありますか?

そもそも、健康な皮膚は角質のバリアがあり、水分の蒸発や外からの刺激を防いでくれています。

しかし、皮脂が不足し、皮膚が乾燥した状態になると、バリア機能が低下し、水分が逃げやすく、また外部からの刺激にも弱い状態になってしまいます。

刺激に弱いと、湿疹や炎症が起き、粉をふいたり手足がかゆくなるなど、日常生活にも支障をきたすようになります。


保湿剤は、皮膚の水分が逃げないように、フタをしてくれます。

また、皮膚に水分を与え、皮膚のバリア機能を維持する効果があります。

このことから、保湿は健康な肌を保つために、とても重要な要素だということが分かります。

保湿剤には様々な種類があります

一口に「保湿剤」といっても、様々な種類があります。

乳液やクリーム、個人輸入で人気の「ヒルドイド」も、保湿剤の一つです。

保湿剤で使われる成分は大きく分けると、3種類あります。

ワセリン

ワセリンは、石油から生成される油脂性の物質です。

薬局などで安価に売られており、簡単に手に入るのが魅力です。

ワセリンを手に取るとべた付いた感覚があると思いますが、皮膚に膜を張って、水分の蒸発を防いでくれるのがワセリンの働きです。

ワセリンは精製度によって複数種類があり、「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」といった種類があります。

白色ワセリン→プロペト→サンホワイトの順で精製度が高くなり、値段も高くなります。

敏感肌の方が使う場合は、精製度の高いワセリンの方が低刺激で、適しています。

ヘパリン製剤

ヘパリン類似物質という成分を含む商品のことで、ヒルドイドもその一つです。

ヘパリン類似物質は、皮膚の水分保持作用だけでなく、血行促進作用、抗炎症作用もあることが特徴です。

副作用は少ないですが、血友病、血小板減少症、紫斑病といった出血性血液疾患がある方は、使うことができません。

ワセリンは「膜で水部の蒸発を防ぐ」、ヘパリン類似物質は「水分保持作用で皮膚そのものに潤いを与える」という違いがあります。

尿素製剤

尿素は皮膚の角質層の水分を保持する作用や、角質溶解作用があります。

角質溶解作用、つまり皮膚を溶かすということですが、この作用によって古い角質を除去し、皮膚が柔らかくなります。

硬くなった角質を柔らかくしたい箇所、例えばひじ、ひざ、かかと、足の裏などのガサガサした部分に使うのがおすすめです。

このように、一口に「保湿剤」と言っても、作用が異なることが分かります。どの箇所に、どんな理由で保湿が必要なのか考えた上で、成分を選びましょう。

顔の美容にはヒルドイドがおすすめ

ヒルドイドフォルテクリーム40g

このように、保湿効果がある成分は複数ありますが、中でも顔の美容目的の保湿効果を狙うのであれば、ヒルドイドをおすすめします。

なぜなら、ヒルドイドは単に皮膚に蓋をして乾燥を防ぐだけでなく、水分保持効果で肌そのものに潤いを与える効果があるためです。

また、血行促進作用、抗炎症作用もあるため、ニキビ跡などの色素沈着の改善も見られます


肌に特別な問題がなくても、高級な美容クリームよりも保湿力やアンチエイジングといった美容効果があるとして、高い人気を誇っています。

特に乾燥する冬場は、マストな保湿アイテムです。

ヒルドイドの使い方

ヒルドイドは、正しい使い方をすることで、より多くの効果を得ることができます。

使用の際、いくつかポイントがあるので、チェックしましょう。

入浴後すぐに塗る

ヒルドイドは、入浴後すぐに塗るとより効果を発揮します。

お風呂から上がって5分以内に塗ることを目安にしましょう。

身体を拭いて、まだ少し湿っているうちに塗ると、その水分を効率的に保つことができます。

もし肌が乾いてしまったら、化粧水、プラセントレックスなどを塗って、水分や美容成分を付けてから蓋をしましょう。

十分な量を塗る

ヒルドイドはたっぷりと必要量を塗ることが重要です。

ベタ付くのを避けて塗る量を減らしてしまうと、十分な効果を得られません。

目安としては、人差し指の第一関節分のクリーム量で、手のひら2枚分の広さに塗ることができます。

顔や体に塗るときは、この目安量を守って塗ってみてください。

やさしく塗る

塗り薬だと皮膚によく刷り込んで使ってしまう人もいるかもしれませんが、ごしごしと刷り込むのは正しい使い方ではありません。

清潔な手で、ヒルドイドを塗る部位に点在させて、手のひら全体でやさしく伸ばして使いましょう。

ヒルドイドは美容目的だと保険適応外

一点注意すべきことは、ヒルドイドは医薬品で、日本の病院でも処方されますが、美容目的の処方は違法になるということです。

もともとヒルドイドは、優れた保湿効果ゆえにアトピーや皮膚炎の治療に使われる医薬品でした。(現在でも使われています)

しかし、現在美容目的で保険適応してもらおうとする人が増え、医療費が圧迫され社会問題になっています。

ヒルドイドの薬価は1gで23.7円、40gのクリームだと948円になります。

ここに診察料・処方料・調剤料などの費用が加算されると、総額およそ5,500円~6,500円になります。

保険適応されると3割負担で1,650円~1,950円になるため、様々な理由を付けて保険適応で貰いたくなる気持ちは分かりますが、 本来の医療目的でヒルドイドを使用している人もいるため、急を要さない美容目的で保険を使うのは、許されない行為です。

個人輸入では、1本960円から購入可能です。

海外からの個人輸入のため、国内の医療問題をさらにひっ迫させることもありません。

プラセンタの併用使用もおすすめ

個人輸入で人気の美容クリームに、プラセントレックスがあります。

有効成分ヒトプラセンタは、万能美容クリームとして広く使われていますが、保湿作用は弱いため、人によっては使用後に肌のツッパリを感じる方がいます。

プラセントレックスで推奨されている使い方は、
洗顔→化粧水→プラセントレックス→保湿剤
という順番なので、保湿剤にヒルドイドを使うのもおすすめです。


プラセンタの美容成分が逃げないように、ヒルドイドでしっかり蓋をすると、より美容効果を得ることができます。

特に乾燥肌に悩む方、冬の乾燥対策が気になる方、マスクによる肌荒れが気になる方などに、おすすめの使い方です。


個人輸入で購入される方も、プラセンタ&ヒルドイドの併用使用をされる方は多いようです。

どちらも使ったことがない、どちらかしか使ったことがないという方は、ぜひまとめてチェックしてみてください。

INDEX 目次
美容の大敵「乾燥」は、プラセンタ+ヒルドイドで防ごう
関連記事

メルマガ登録


特別限定セール、無料商品プレゼントなど、お得なメルマガが届きます!
会員限定のおすすめ商品情報もここでゲット。


よりリアルタイムな情報はLINEで


ユニドラのLINE友達になると、限定クーポンの他、よりリアルタイムなセール情報が届きます。
知りたい医薬品情報は、LINEでもお問い合わせください。


友達登録はこちら